Vz Editor
2005-11-14T21:25:28+09:00

コマンド拡張で学ぶVZマクロ入門 #10

番号記号初期キー機能
#10#f^F \[-->]1語→

s==0(編集モード)

1語の範囲は文字種によって異なり,1語削除等の範囲とも異なります。

返り値 r: 0=カーソル移動, -1=ファイルの末尾で移動失敗

1語とする範囲

コマンド拡張例(m.gann師)

62 ^F ""        ;Line End m.gann;[\] next spc
        ?. (ks&1)?{ (ct<3)?#f :r #d (ct>2+ck)?>r. }
;       (cm++-11)?#f ?{ en[+, &x(we/2) en], #? }
        #f

s==1(文字列入力モード)

返り値 r: 変化なし

文字列の終端では何も起こりません。右端でカーソル移動ができなくても返り値は変わらないので注意してください。返り値がないのでlx保存比較で判定します。

        (-1){ r=lx, #f (lx==r)?{} }

s==2(コマンドラインモード)

返り値 r: 変化なし

終端でカーソル移動ができなくても返り値は変わらないので注意してください。 入力窓と同様にlx保存・比較が必要です。

s==3(ファイラーモード)

無効

このコマンドに初期設定されたキー \[-->] が「移動しながら選択」(選択解除トグル)という動作をしますが,コマンドとは関係ありません。

s==4(メニュー)

s==4(1文字入力モード)

無効


コマンド拡張で学ぶVZマクロ入門 #10
The VZ resources, valid XHTML 1.0 Strict. ©2005 by mezala.