Vz Editor
2018-09-09T21:13:08+09:00

コマンド拡張で学ぶVZマクロ入門 #09

番号記号初期キー機能
#09#a^A \[<--]1語左へ移動

s==0(編集モード)

1語の範囲は文字種によって異なり,1語削除等の範囲とも異なる。

戻り値 r: 0=カーソル移動, -1=ファイルの先頭で移動失敗

1語とする範囲

コマンド拡張例(m.gann師)

61 ^A ""        ;Line Top m.gann;[\] back str
        ?. (ks&1)?{ #a :r (lx)?{ #s (ct>2+ck)?>r #d }. }
        #a

主にC言語等のプログラムを開発するために使用されるエディタであるため,複合語による関数名等でスペース代わりに使用される'_'は記号(ct==3)としてでなく英数字(ct==6)として扱われている。しかしVZマクロ中で1語移動を行うと,'&','+','-'などの演算子の記号によって頻繁にカーソルが引っ掛かる。まるで「褌の川流れ」の風情である。m.gann師のマクロは,シフトキーを押しながら実行することで,スペース等によって区切られたコード片単位に移動できるように^Aを拡張したものだ。

s==1(文字列入力モード)

戻り値 r: 変化なし

左端でカーソル移動ができなくても戻り値は変わらないので,注意が必要だ。

s==2(コマンドラインモード)

戻り値 r: 変化なし

左端でカーソル移動ができなくても返り値は変わらないので,注意が必要だ。

s==3(ファイラーモード)

無効

このコマンドに初期設定されたキー \[<--] が「移動しながら選択」(選択解除トグル)という動作をするが,当コマンドとは関係がない。

s==4(メニュー)

戻り値rの内容

s==4(1文字入力モード)

無効


コマンド拡張で学ぶVZマクロ入門 #09
The VZ resources, valid XHTML 1.0 Strict. ©2005 by mezala.