Vz Editor
2005-11-28T20:20:20+09:00

コマンド拡張で学ぶVZマクロ入門 #11

番号記号初期キー機能
#11#<^QS ^[<--]論理行頭

s==0(編集モード)

返り値 r: 常に0

論理行頭で実行しても位置は変化しません。ただし,保存された表示ページング量とカーソル位置を初期化します。ページング保存情報は具体的にどういうことかというと,ファイル先頭に向かって表示ページングを行った際,最後の半端なページング量とカーソル位置が保存されていて,ファイル先頭に到達したのち逆方向に表示ページングを行うときに反映されるという親切な機能があります。しかし場合によっては逆効果を呈することがあるわけですが,#11の実行により保存情報が初期化され,ファイル先頭から定められたページング量になります。

コマンド拡張例

11 ^[<--] "Head[\]"     ;H_ear
        ?. (ks&1)?>>            ;シフト起動で表示行頭
        (lx+lh||ct-2)?#< ?#f    ;連続実行で行頭空白をスキップ
11 ^Q[ [HOME] "" ?. &x(0)

次のマクロはm.gann師のmgann.defからの引用です。

31 ^[<--] ""    ;Line Top (27)          ;[\] #a*3
        ?. (ks&1)?{ #a #a #a. }
        #<

s==1(文字列入力モード)

s==2(コマンドラインモード)

s==3(ファイラーモード)

無効

s==4(メニュー)

s==4(1文字入力モード)

無効


コマンド拡張で学ぶVZマクロ入門 #11
The VZ resources, valid XHTML 1.0 Strict. ©2005 by mezala.