Vz Editor
2007-05-07T21:05:28+09:00

コマンド拡張で学ぶVZマクロ入門 #40

番号記号初期キー機能
#40-^QX ^[End](NEC-98:^[DOWN])画面の下端へ移動

カレントウィンドウの下端にカーソルを移動する。表示範囲に変更はないので,カレントのカーソル行が更新される。カーソルの見かけ上のx位置(kx)は変わらない。編集スイッチEn(カーソルを改行以降に表示しない)が有効な場合,見かけのx位置は変わるがkxは影響を受けない。

ウィンドウの下端というのは,カーソルの移動可能な範囲であり,通常はファンクションキーラベルが表示されている行及びシステムメッセージが表示される行は,カーソルが移動しない。ただし,上下分割されたウィンドウの上側は,メッセージが表示されるわけではないが,ウィンドウの最下行にカーソルは移動しない。

s==0(編集モード)

画面の下端へ移動

戻り値 r:0=正常終了, -1=スムーズスクロール/ジャンプ起動(Es が + で画面下端のとき)

関係オプション

Es #39,#40 2回でスムーズスクロール
オプションEsを有効(+)にした環境で,コマンド#40を2度実行すると,[NEC-98]は前方スムーズスクロールを開始,[IBM-PC]は前方連続自動スクロールを開始する。実際の動作としては,カーソルがウィンドウの下端にある状態で#40を実行することで発動する機能である。したがって,意図せず連続スクロールが開始された場合は,このオプションの関与が疑われる。

s==1(文字列入力モード)

無効

s==2(コマンドラインモード)

無効

s==3(ファイラーモード)

無効

s==4(メニュー)

戻り値rの内容

s==4(1文字入力モード)

無効

マクロによる拡張

作業中


コマンド拡張で学ぶVZマクロ入門 #40
The VZ resources, valid XHTML 1.0 Strict. ©2007-2018 by mezala.