Vz Editor
2009-11-16T21:53:06+09:00

コマンド拡張で学ぶVZマクロ入門 #31

番号記号初期キー機能
#31#w^W \[PGUP](NEC-98:\[RLDN])スクロールアップ

s==0(編集モード)

スクロールアップ

戻り値 r:0: 正常終了(スクロール),-1: ファイルの先頭行

スクリーン上のカーソルY位置はそのままで,テキストのカーソル表示位置が上方向に移動する。テキストの表示が下方向にロールダウンする。テキストの先頭行が表示されている状態では,カーソルのY位置が上方向に移動する。表示先頭行にあってさらに実行すると,rに-1を返す。

s==1(文字列入力モード)

無効

s==2(コマンドラインモード)

無効(初期割当キー^Wはエイリアス一覧に割り当てられている)

s==3(ファイラーモード)

編集モードと同じ(FM+8で指定可能なのカーソルの循環はしない)

s==4(メニュー)

メニューを閉じて,キーに応じた戻り値をrにセット(下位バイトがコマンド番号31==$1Fを示す)

r&$FF==$1F

s==4(1文字入力モード)

無効

マクロによる拡張

上村郁夫氏の他画面スクロール

50 ^T ""        c=#r, >01       ;Ikuo
50 ^V ""        c=#c, >01
50 ^[UP] ""     c=#w, >01
50 ^[DOWN] ""   c=#z, >01
01:     (s)?. (wt)??{ &o(c) . }
        &s #W &o(c) #W
        (ks&1)?&o(c) &d         ;Togather

カーソルが追従する拡張#w

1 ^\ "" ?. #w (wy-ly>2)?#x

コマンド拡張で学ぶVZマクロ入門 #31
The VZ resources, valid XHTML 1.0 Strict. ©2007-2009 by mezala.