Vz Editor
2005-11-30T05:11:32+09:00

コマンド拡張で学ぶVZマクロ入門 #13(#v)

番号記号初期キー機能
#13#v^V [INS]挿入モード切り替え

s==0(編集モード)

挿入モードと上書きモードを切り替えます。変数mi(挿入モード)の値が変化します。

返り値 r:常に0

スイッチEo(桁対応上書きモード)の設定により,miの値が自動設定されます。

Eoの値上書きモードにしたときのmiの値
1(+)mi==2(桁対応上書きモード)
0(-)mi==1(文字数上書きモード)

Ci/Co(挿入/上書きモードのカーソル形状)の設定により,カーソル形状を変更することで視覚的に判別が可能となります。

s==1(文字列入力モード)

編集モードと同じ

s==2(コマンドラインモード)

編集モードと同じ

s==3(ファイラーモード)

無効

初期設定のキーは,全選択・選択解除のファイラーコマンド(#+)を実行します。

s==4(メニュー)

→メニューの返り値に関する説明

s==4(1文字入力モード)

無効

マクロによる拡張例

1 ^V "" (ks&1)?Eo!,
        #v
        &m("Eo:%d(%6s) / mi:%d(%6s)"
        ,Eo,"文字数桁対応"+Eo*6,mi,"挿入 字上書桁上書"+mi*6)

あまりネタが思い付きませんが…。


コマンド拡張で学ぶVZマクロ入門 #13
The VZ resources, valid XHTML 1.0 Strict. ©2005 by mezala.