記事閲覧

− 野ざらし言 −

4470 Re^5: 第二の置換

文太 2018/08/15(Wed) 22:36 [4466]へのコメント
めざらさん

 フラグを自前バッファに持つという話ですが、いやいや、真剣に考えたら、これ、深かった。
 欲しいもの、自分の実力で手に入る(作れる)ものについては、イメージがあるし、きっと完成したのだろうと思ってます。
 いつもで#eしてしまえばいいのだ、という結論(フラグ判断不要)。連続実行はcmで判断。

 ただ発見は、検索窓の#eには返り値がなく、そして#F窓をキャンセルしてもSモードに変化せず、空打ちでも変化しない。検索文字列の設定に成功してはじめてSになる。すると(そんなことあるはずないのですが、たぶん)、場合によっては、Pモードで#rしちゃう。すると一画面上というとんでもないところへ行ってしまう、そして、フラグだけVzのお腹の中に残っていてもヒストリーバッファ(自前)がなくなっていたら意味ないし、、、などなど。
 抜本的にやろうと思ったら、やっぱり自前バッファでなくpaとかを使うしかないけど、そんなの他のマクロが使いまくるし、、、。

 途中でstkhelpとかぜったいに起動しないからね、という場面で使うもの、と本当の「使い捨て」ではないけど、あくまで目の前の作業用と割り切らなくちゃなんだな、と思いました。
 うん、すとーんと1回だけだけでいろんな処理が済むものと、何回も続けて使うつもりのもの(広義に連続実行的に)。これは最初から峻別して構想するべきなのだな、と。
 ワークファイルというのはやっぱりけっこう偉いものなんだな、とさえ思いました。YASATさんが、まだメモリを使えない僕に、「でも、ワークファイルって最大のバッファですよ」と言っていたのが思い出されてしまいました。とろくはなるけど、ファイルに書き出しておけば消えませんしVzの変数もバッファも圧迫しませんからね。ここまで後退できる文太。
 深かったです。ありがとうございました。

 蛇足:どうしても自分用のバッファが欲しければ、EMSを使え、というのも思いつくだけ思いつきました。嘘だろ。マクロファイルをオープンしっぱなしにしておけばいいだけ。またマクロバッファからなくなってるのかよ。再カスタマイズ。これでよし。
 蛇足2:最終版CleanPS.defには、文字列吐き出し機能をつけました。あほ。でも、自前バッファのアドレスって同じマクロからしか、容易には参照できませんよね。

関連記事一覧ツリー (▼ を押すとツリー全体を一括表示します)

- 4456.第二の置換 - めざら 18/08/10-00:36

返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)

おなまえ :
Eメール :
タイトル :
メッセージ: 通常モード(推奨)  整形モード(非推奨)  preモード(空白再現)
※ プログラムコード等を含まない場合は,できるだけ通常モードをご利用ください。

参照先 :
暗証キー: (英数字で8文字以内) プレビューなし


- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -

処理 記事No. 暗証キー