Vz Editor
2018-09-09T17:58:52+09:00

コマンド拡張で学ぶVZマクロ入門 #02

番号記号初期キー機能
#02^_(^-)キーボードマクロ

IBM-PCでのキーは ^- になる。

マクロの中では使用できない。

定型で単純な作業には使用できるが,キーボード操作を間違えると,キャンセルして最初からやり直すことになるので,少し複雑な操作の場合はマクロファイルを書いてしまった方が,結局は手っ取り早かったりする。したがってマクロを書くのに慣れてくると,ほとんど使わなくなるであろう。

なお,キーボードマクロの起動キーは,空いているキーでなければならない。このため ^^ くらいは常に空けておいた方がよいだろう。キーボードマクロは単純な手順を再現させるため,連続実行する場合が多いと思われる。簡単に押せる1ストロークキーを用意しておくのが吉というものだ。

キーボードマクロで記録された手順は,^K_キーボードマクロの書き出し)でテキストに書き出すことができるので,よく使用しそうな手順は外部マクロとして再利用できる。これはなかなか便利なので,マクロ入門時は活用するとよいだろう。ただし,記録中に使用したキーがマクロに割り当ててあるキーであった場合,マクロ番号の情報しか残らないので,^K_ で書き出したコードは環境が変われば誤作動することになる。製品版サンプルVZ.DEFを永遠に変更なしで使うことが前提となるマクロなんて,危なっかしくて使えやしない。そのようなマクロを見かけたら,初級作者にやんわりと忠告してあげよう。

IBM-PCでの起動キー

IBM-PCでの起動キーは,キーボードに刻印されたキーの表示では ^- になる。

#00「PC/ATのキー設定は何故キーボードの刻印と異なるものがあるのか」を参照していただきたい。NEC-98では表記の通り ^_ になる。(シフトキーを押しながら'ろ')

記録中のキャンセル

記録中にキャンセルしたい場合は,再度起動キー(^_/^-)を押す。決して[ESC]を押してはならない。[ESC]でキャンセルしたつもりになって不用意に何かのキーを押すと,その組合せでキーボードマクロが登録されてしまう。#00の解説に述べたように,プリフィクスキーの後に特定の特殊キーを押すと,予想もしないキーの組合せで登録が完了してしまう場合がある。例えば,[ESC]を連打したとしたら,[ESC][というキーで登録されてしまう。

キーボードマクロの削除

間違って登録してしまったときや必要なくなったときは,[ESC]M@Mでモジュールメニューを呼び出し,キーボードマクロを削除する。

マクロの中では使用できないため,サンプルコードは提示しない。


コマンド拡張で学ぶVZマクロ入門 #02
The VZ resources, valid XHTML 1.0 Strict. ©2005 by mezala.