記事閲覧

− 野ざらし言 −

4375 データ構造の解析(付録)

文太 2014/04/20(Sun) 00:47 [4374]へのコメント
 何の役にも立ちはしないと思いますが、僕がたぶん昨晩夜中および今朝、考えたことを少々付記しておきますね。

監修:ABC,著者:DEF.
…のような文字列を、
ABC:監修,DEF:著者.
…というふうに置換する

 というお題で、もちろん紆余曲折はあったのですが、こんな風に考えました。
「監修:ABC,著者:DEF.」は「1:2,3:4.」という構造なんだろう(そうであれば正規表現での悩みが少なくなる)。そして、s///gのグローバルフラグが付いてるということは、^とか$で誤ヒット率を下げることはできない。
 じゃ、「.」までを1つのレコードとして考えればいい。途中で出てくる「:」「,」の出現順序や回数は[^:,.]で無視してやれ、と。

 「+」の前には、「\( \)」あたりを睨んでいて(睨む前には、あれ? なんでこうなの? が数回あって)、そしてsedのほうのバグだともけっこう強く信じていて、とにかく問題の幅を狭めたくて、上のように考えたわけです。

 でも、たぶん、現場というか現実はこんなに甘くなく、激しく錯綜してて混乱してて、例外とエントロピーに溢れているんでしょうね。
 しょうがないです、正規表現って構造化されてないデータ相手だと、ほんとギチギチに詰めて考えないといけなくなり(リテラルの多用とか)、ミスも多発してしまうものみたいですから。
 がんばってくださいねー!

 そして、ゆっくり楽しんでくださいね。

 余計な雑談。しかしこの手の実験がある程度ストレスなく連続してやれるのは、コマンドラインと編集テキストの容易な行き来、ヒストリー等々のVz環境のお陰なんですね。この環境がなかったら、あっちの資料、こっちの資料、あの実験、この実験、あっちを確認こっちも確認は、とてもやれませんね。とほほ。>dir c:\bin\doc |grep "SED" なんて、何回やったことやら。sed.shd, onig.shdも何回も開けました。これらのファイル名すら、最初、思い出せなかった。
 今日はちょっと特別な日で、超まったりしてしまいました。だから、どどど、と書いてしまいました。読み流してくださいね。

関連記事一覧ツリー (▼ を押すとツリー全体を一括表示します)

- 4230.過去ログにありますでしょうか - キャロル 12/10/28-17:44

返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)

おなまえ :
Eメール :
タイトル :
メッセージ: 通常モード(推奨)  整形モード(非推奨)  preモード(空白再現)
※ プログラムコード等を含まない場合は,できるだけ通常モードをご利用ください。

参照先 :
暗証キー: (英数字で8文字以内) プレビューなし


- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -

処理 記事No. 暗証キー